プロフィール プロフィール

岡村電器

Author:岡村電器
山口県山口市阿知須にある電気屋です。
平成19年にアトム電器チェーンに加盟しました。
電球1つの交換から、リフォームまで何でもご相談下さい。
仕事のことや、地域情報などを更新していきます。


カレンダー カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事 最新記事

ご連絡はこちらから ご連絡はこちらから
ご質問・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント 最新コメント

最新トラックバック 最新トラックバック

月別アーカイブ 月別アーカイブ

カテゴリ カテゴリ

検索フォーム 検索フォーム

RSSリンクの表示 RSSリンクの表示

リンク リンク
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード QRコード
QR

~街の電気屋 アトム電器山口阿知須店 (有)岡村電器ブログ~ ~街の電気屋 アトム電器山口阿知須店 (有)岡村電器ブログ~ ~街の電気屋 アトム電器山口阿知須店 (有)岡村電器ブログ~



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事(既設埋め込み配管再使用) 【2011/12/15 19:35】 エアコン工事
 いつもお世話になっているN施設様のエアコン入替工事にお伺いしましたので、その様子をご紹介致します。

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 
社員の方の休憩室に取り付けてあるこちらのエアコンを新しく入替ます。

配管が、隠ぺい配管となっておりますので、その配管を再使用するため、強制冷房運転で、配管内の冷媒とオイルを室外機へ回収します。

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事
室外機は、こーんな素敵な場所に設置してありますので、いやがおうにも慎重に作業します。

真下の駐車場に当店の車を配置し、立ち入りを制限します。

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事
冷媒・オイルの回収後、室外機を撤去して、新しいエアコンの室外機を据付ます。

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事
室内機も撤去完了!!

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 
新しいエアコン用の据付板を水平に取り付け。

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事  
配管長が、以前のものより短くなっていますので(室内機本体の配管長)、フレアユニオンを使用して延長しました。

山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事
室内機を据付板に、引っ掛けて、配管、VVFケーブル、ドレンホースをそれぞれ接続しました。

VVFの長さが短く、厳しい取り付けになりましたが、覗き窓(銅線がしっかりと挿入されているか確認するための切欠き)で、銅線の挿入具合を確認できました。バッチグー

配管の接続部は、入念に断熱材を巻きつけて、結露しないようにします。

ここまで、くれば後は仕上げの
山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事 山口市阿知須 N施設様 三菱エアコン 入替工事
ゲージマニホールドと真空ポンプを使って、配管内をしっかりと真空乾燥させます。

配管が隠ぺい配管ですので、念のため、いつもより長めに行います。

・・・

・・・

・・・

しっかり、真空引きした後、真空ポンプを止め、ゲージに動きが無いか気密テストをした後、試運転を行いました。

N施設様、当店からのお買い上げありがとうございました!!



~ちょっと一言~
最近の新築のお家を見ると、外観重視のためにエアコンを隠ぺい配管されているのを見かけます。

隠ぺい配管のメリットは、外観に配管が露出しないためすっきりきれいとなり、エアコン(室内機・室外機共)も比較的自由な場所に取り付けできることです。

反面デメリットは、エアコン入替の工事代が割り増しになる事(当店の場合)。

壁内部の配管で不具合(ドレン排水の詰まり、冷媒の漏れ・詰まり・破損、銅管の断熱不足による結露等)があった場合、最悪の場合、壁を取り除かなければ交換できない事。などでしょう。

個人的には、後々のためにも、一般家庭での隠ぺい配管は、おすすめしません。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://okamuradenki.blog6.fc2.com/tb.php/180-362956f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。